日本の投資は不動産の時代に

投資業界なのですが、非常に先行きが不安だといわれています。どの国も潜在的な不安要素が大きくなっていますし、どこかの国の状態が傾けば連鎖的に市場が乱れ大混乱な状態になるという話があるのです。そんな中で、日本はアベノミクス効果で比較的安定した経済状態を維持しています。そんな中、順調に価値を高めているのが日本の不動産物件です。

特に土地関係は地価上昇が安定しておりまして、日本の経済に明るい兆しが見えてきていると考えて良いでしょう。この地価上昇もありまして、日本の投資で一番安定して儲けられるのは不動産投資だと呼ばれる日も近いのかもしれません。そんな不動産投資に参加したいと思う人も増えているとは思うのですが、土地の物件の高さを考えますと、気軽には不動産投資は行なえません。

そんな資金力がものをいうとされていた不動産投資業界なのですが、J-REITという制度ができて変わりつつあります。J-REITは不動産投資の投資信託のようなものでして、小口の資産を業者に渡す事で土地売買を業者が運用するという形式で不動産投資に参加できる様になります。こんな不動産投資環境が整っている日本では、さらに市場が活性化して地価が上がることが予想されますので、不動産投資の参加を考えているのなら早めの決断をしたほうが良いのかもしれません。

Leave a Reply