Archive for the ‘老い・老後’ Category

老後不安を解消するために老後の支出をイメージしよう

月曜日, 5月 4th, 2015

老後不安を抱える方が多い中で、ただ不安を持ったまま老後を迎えては仕方がありません。なんらかの不安を解消する方法を見出し、将来老後を迎えた時にゆとりあるセカンドライフを送れるようにしておかなくてはなりません。
老後不安を解消するためには老後を見据えたライフプランを立てておくことが重要で、かつ大前提です。とはいえ10年先くらいならなんとかイメージはできることと思いますが、20年、30年先の人生まではなかなかイメージができないと思います。まずはライフプランの基本を抑えておきましょう。

まずはじめに老後の生活の中で考えられる支出を計算します。そのためには老後の生活費はどのくらい必要なのかを考えます。
一般的な65歳以上の家庭において消費支出は約25万円で、プラスαとして社会保険料や税金などが3万円ほどですので、支出は約28万円ということになります。

リタイアしてから生活がガラッと変わることはないでしょうから、今の家計状況とそれほど変わりはないと思います。しかし、旅行や趣味など楽しむための費用はなかなか想定できません。そのためには大体プラス3万円などある程度のお小遣い枠を儲けておくようにしておくと良いでしょう。

じぶん年金から老後の生活構想を行なう

日曜日, 2月 1st, 2015

じぶん年金を考えることによって、老後の生活構想ができるようになります。どうしても現在の生活水準を落としたくないという場合には、月あたりどれだけの資金が必要であるかを考えるべきです。子どもが独立して夫婦2人だけの生活になったとしても、必然的に生活を営む資金が必要になります。それを具体化させることによって、資金の構想がはっきりします。

毎月どれだけのコストがかかるかを検証することによって、将来的に必要な資金についても知ることが可能です。何となく貯めるよりも、将来のために明確な資金の目標を立てることによって、意欲的に資産形成を行なうことも十分可能です。

じぶん年金は公的年金と合わせることによって、生活に潤いを与えることができます。何よりも、今まで積み立ててきたものが、他の貯蓄方法に比べて優れた伸びを実現させてくれるというのが、多くの人を喜ばせています。元本がどれだけ大きくなるかの見込みを比較することによって、じぶん年金を利用する意義がわかるようになります。

老後の生活構想を少しでも考えるのであれば、貯まりやすさと運用に対する期待が大きなものを選択するのが、賢い生活設計の実現へと繋がります。はじめは少しの差であっても、老後には大きな差となること間違い無しです。

情報収集に最適なwebサイトをご紹介します。
国内No.1のプレスリリースサイトの最新コンテンツ
アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社の事業開始をお知らせしています。